ロイヤルカナン食事療法食

ロイヤルカナン 一般食はこちら!

トップページ > 犬猫の病気

肥満

肥満は心臓や関節に負担をかけ、様々な病気を引き起こす原因になります。

糖尿病

犬猫の人間も同じく糖尿病になります。糖尿病になると体に不調が起こる原因となります。

皮膚疾患

皮膚のバリア機能が低下し、皮膚が乾燥し荒れたり、細菌等が身体に入り込み炎症を起こします。

食物アレルギー

食物アレルギーは、皮膚だけでなく消化器官でも炎症を起こし、下痢や嘔吐を引き起こします。

下痢

便は愛犬・愛猫の体の異変を私たちに知らせてくれる一種バロメーターです。下痢には様々な原因が考えられます。

肝疾患

肝臓は病気の症状がでにくいため、定期的に検査をして異常がないか調べる必要があります。

心疾患

高齢期になると心臓病のリスクが高まります。愛犬・愛猫の寿命を延ばすためにも早期発見に努めましょう。

腎疾患

腎臓は体に不要な老廃物の排出を促す大切な臓器です。おしっこの量や水を飲む回数をチェックしましょう。

下部尿路疾患

下部尿路疾患とは、尿道や膀胱に関する疾患の総称です。なかでも犬・猫に多くみられるのは「尿路結石症」です。

関節炎

関節炎は、加齢と共にリスクが高まります。関節に異常があると運動を嫌がり、食欲がなくなることがあります。

高栄養要求時

食欲がないときや妊娠・授乳期・成長期の犬猫には、少ない量でもしっかり栄養をとれる食事を与えましょう。